特定外来生物の昆虫「クビアカツヤカミキリ」(県提供)

 県環境森林部は27日、桃などの木に寄生し枯死させる特定外来生物の昆虫「クビアカツヤカミキリ」の被害が、壬生町藤井の壬生高敷地内にあるサクラの木で確認されたと発表した。

 県内の被害確認は足利市、栃木市、佐野市、小山市に続いて5市町目となる。