境内に所狭しと並んだ風鈴

境内に所狭しと並んだ風鈴

境内に所狭しと並んだ風鈴 境内に所狭しと並んだ風鈴

 栃木県下野市下古山の華蔵寺で千個の風鈴が境内を彩る「風鈴まつり」が初めて開かれている。朝顔や金魚などが描かれたガラスの風鈴が所狭しと並び、参拝客を涼やかな音色で楽しませている。30日まで。

 風鈴は昨年、匿名の人物から寄贈された。晴れた26日は、陽の光に照らされて風鈴がきらめき、参拝客が納めた短冊が風に揺れていた。

 同寺広報の永蓮(えいれん)さん(28)は「暑いこの季節に、涼しい気分になってもらえれば」と話している。