県消防防災課は26日、午後4時時点で熱中症の疑いで7人が救急搬送され、栃木市、男性(73)と佐野市、女性(79)が重症だったと発表した。中等症が1人、軽症が4人。

 栃木市消防本部によると、男性が自宅の居間で倒れているのを来訪者が見つけ、119番した。救急隊が到着した際、意識障害があり、体温は40・2度だったという。

 佐野市消防本部によると、午前10時35分ごろ、女性の体調が22日から改善しないため、同居する家族が救急要請した。救急隊到着時、会話ができない状態だった。