» 動画ページへ

木陰に覆われた斜面をオレンジ色に彩るキツネノカミソリ=26日午前11時、栃木市岩舟町下津原

 栃木市と佐野市にまたがる「みかも山公園」でヒガンバナ科の多年草キツネノカミソリが見頃を迎え、オレンジ色の花が鮮やかに斜面を彩っている。

 カミソリのような細長い葉の形が名前の由来とされ、園内には3カ所の群生地がある。同公園緑の相談所によると、遊歩道を歩いて5分ほどの大田和群生地では7月上旬に開花。日を追うごとに花は色の深みを増しているという。

 4連休明けの26日も猛暑に見舞われたが、木陰に覆われた斜面では暑さも和らぐ。早朝からハイカーらが訪れ、足を止めて花に見入ったり、写真に収めたりする姿が見られた。