足利南高創立式典でOBのDJ講演 須永辰緒さん「好きなこと見つけ努力」

 【足利】足利南高は16日、第42回創立記念式典を開き、講演会では同校卒業生でDJ、音楽プロデューサーの「あしかが輝き大使」須永辰緒(すながたつお)さん(52)が「一歩踏み出そう」をテーマに好きなことを見つけて努力する大切さを訴えた。

 生徒ら約500人を前に壇上に立った須永さんは、「高校時代は『時間を自由に使いたい』という思いが強く、用水路をはって学校から逃げようとした」という破天荒なエピソードを披露。スクリーンにリーゼントスタイルの当時の写真が映し出されると会場から笑いが起こった。

 またDJを志したのは高校3年生の時だと明かし、「やりたいことをやれるまでいくつもの壁があった。とにかく一つ目の壁を破らなければ次はない」と後輩らを激励、DJの技も実演し会場から拍手を浴びた。

 須永さんは佐野市出身で同校5期生。自身のバンドのほかDJとして国内外で活動し、近年は企業のブランディングや商品開発など多方面で活躍している。先月は鑁阿(ばんな)寺境内で「ばんな寺ミュージックフェスティバル」をプロデュースするなど、街おこしにも協力している。