2年越しの「10連覇」を果たし、試合後に涙ぐむ作新の選手たち=県営

 県高野連は大会終了後、今大会の優秀選手16人を発表した。優勝した作新学院からは田代健介(たしろけんすけ)主将ら4人、準優勝の佐野日大からは7打点を挙げた大関日和(おおぜきひより)ら3人が選出された。首位打者には打率5割7分1厘の沼井拓人(ぬまいたくと)(文星芸大付)が輝いた。

◆栃木県高校野球特集

 優秀選手は次の通り。

 大房建斗、田代健介、佐藤優成、林拓希(作新学院)大関日和、増山渉太、川崎大也(佐野日大)沼井拓人、江田凌太(文星芸大付)中村拓馬、竹谷侑磨(宇都宮短大付)吉沢隆太郎(白鴎大足利)大竹海央(鹿沼)佐藤佑磨(那須拓陽)小林到(石橋)阿座上隼平(幸福の科学学園)