3回、作新の代打・戎が逆転の右越え2点本塁打を放つ=県営

 第103回全国高校野球選手権栃木大会最終日は25日、県営球場で決勝を行い、作新学院が佐野日大に3-2で競り勝ち、2年前の前回大会に続き10大会連続19度目の優勝を飾った。

◆栃木県高校野球特集

◆Web写真館はこちら

■代打で大仕事 逆転2点本塁打の戎

 作新学院の「代打の切り札」が大仕事をやってのけた。1点を追う三回、無死一塁で代打戎響葵(えびすひびき)が逆転の2点本塁打。5球目の変化球を完璧に捉えたが、「本塁打かどうか分からないほど夢中だった」。その言葉通り、柵越えを確認することなくベースを回る姿はまさに仕事人だった。