男子60キロ級準決勝 カザフスタンのエルドス・スメトフ(下)を攻める高藤直寿=日本武道館

 東京五輪第2日は24日、日本武道館で柔道を行い、男子60キロ級の高藤直寿(下野市出身、パーク24)が準決勝でエルドス・スメトフ(カザフスタン)に延長の末、技ありで勝ち、決勝に進んだ。高藤の2大会連続でのメダル獲得が確定した。

 リオデジャネイロ五輪銅メダルの高藤は初戦の2回戦を一本勝ちし、準々決勝は延長の末、相手の反則で勝利を収めた。