男子60キロ級準々決勝 ジョージア選手(右)と対戦する高藤直寿=日本武道館

 東京五輪第2日は24日、日本武道館で柔道を行い、男子60キロ級の高藤直寿(下野市出身、パーク24)が準々決勝でルフミ・チフビミアニ(ジョージア)を下して準決勝に進出した。

 リオデジャネイロ五輪銅メダルの高藤は初戦となった2回戦でヨレ・フェルストラーテン(ベルギー)に内またで一本勝ち。準々決勝は延長の末、相手の反則で勝利した。