作新に敗れ、肩を落とす宇短大付ナイン=県営

 第103回全国高校野球選手権栃木大会第12日は23日、県営球場で準決勝2試合を行い、10大会連続優勝を狙う作新学院と、今春の県大会王者・佐野日大が決勝進出を決めた。決勝で両校が顔を合わせるのは7年ぶり。

 作新学院は6-1で宇都宮短大付を退けた。初回に主砲池澤皓平(いけざわこうへい)の左前適時打と相原一真(あいはらかずま)の2点適時打で3点を先制し、その後も着実に加点した。守っては佐藤優成(さとうゆうせい)、林拓希(はやしひろき)の継投で1失点にとどめた。

    ◇    ◇

 初の決勝進出を目指し、力を尽くした宇都宮短大付。作新学院に力負けしたが「この子たちは一生懸命、よくやってくれた」。増田清(ますだきよし)監督はすがすがしい表情を見せた。