9回、佐野日大の主砲・岡佐が左越えに勝ち越しの適時二塁打を放つ=県営

 第103回全国高校野球選手権栃木大会第12日は23日、県営球場で準決勝2試合を行い、10大会連続優勝を狙う作新学院と、今春の県大会王者・佐野日大が決勝進出を決めた。決勝で両校が顔を合わせるのは7年ぶり。

 佐野日大は4-3で文星芸大付に逆転勝ち。1点を追う九回2死二塁、大関日和(おおぜきひより)と岡佐昌樹(おかさまさき)の連続適時二塁打で逆転した。投手陣は四回に2点本塁打、六回に暴投で失点し勝ち越しを許したが、打線が奮起した。

    ◇    ◇

 土壇場で自慢の打線が快音を響かせた。1点ビハインドの試合を最終回、2連続二塁打でひっくり返した佐野日大。勝ち越しの一打を放った主砲岡佐昌樹は「厳しい戦いで負けることも頭によぎったが、諦めなかったことが結果につながった」と胸を張った。