最優秀賞に輝いた鹿沼商工高(提供写真)

 第26回県高校生徒商業研究発表大会(県商業研究会主催)が8日、栃木市のとちぎ岩下の新生姜(しょうが)ホールで開かれ、鹿沼商工の「いちごの形の商品開発プロジェクト~いちご饅頭(まんじゅう)の商品開発」が最優秀賞に輝いた。

 商業を学ぶ11校が参加し、地域の商業活動や産業経済、商品の実験と調査、独自に設定した課題を研究し発表した。テーマや内容、表現などが審査された。