1安打完封した作新のエース小林=ヤオハンいちごパーク

1安打完封した作新のエース小林=ヤオハンいちごパーク

1安打完封した作新のエース小林=ヤオハンいちごパーク

優勝した作新

1安打完封した作新のエース小林=ヤオハンいちごパーク 1安打完封した作新のエース小林=ヤオハンいちごパーク 1安打完封した作新のエース小林=ヤオハンいちごパーク 優勝した作新

 第66回全国高校軟式野球選手権栃木県大会最終日は22日、鹿沼市のヤオハンいちごパークで決勝を行い、作新学院が佐野日大を投打で圧倒し10-0で完勝、38度目の優勝を飾った。

 作新は主戦小林歩夢(こばやしあゆむ)がキレのある直球と変化球で、佐野日大打線を1安打完封する圧巻の投球を見せた。

 攻撃では8盗塁と機動力を生かして好機を広げ、効率よく加点。四回には大沼琉玖(おおぬまりゅうく)の適時二塁打など打者一巡の猛攻で一挙5点を奪った。

 優勝した作新学院は8月3、4日の両日、全国大会出場を懸けて茨城県土浦市のJ:COMスタジアム土浦で開かれる北関東大会に出場する。