オリオン通りの宮カフェ前に設置されている東京五輪出場選手への応援メッセージボード=22日午前11時50分、宇都宮市江野町

 新型コロナウイルスの影響で史上初の1年延期となった東京五輪が23日、開幕する。県民からは開催を待ち望む声が上がる一方、感染対策への懸念を抱く人もいる。

 宇都宮大地域デザイン科学部3年宇賀持凌(うがもちりょう)さん(21)は「(選手らを外部から遮断する)バブルが守られているかが疑問」と指摘した。会員制交流サイト(SNS)上で選手と一般人が接触する姿が投稿されているのを見て、感染対策の実効性を懸念している。