人気を集めた桃の販売会

人気を集めた桃の販売会

人気を集めた桃の販売会 人気を集めた桃の販売会

 東日本大震災の復興支援をきっかけに、栃木県茂木町と交流がある福島県国見町の名産の桃の販売会が18日、道の駅もてぎで開かれた。1時間余りで完売する人気を集めた。

 同町の「道の駅国見あつかしの郷(さと)」が、「暁星」「ふくあかり」の早生(わせ)2品種、計365キロを当日朝に持ち込み、午前10時から販売した。

 福島県産の果物をPRする「ミスピーチ」の高橋優花(たかはしゆうか)さん(20)も店頭で接客を行い、11時すぎには売り切れた。

 販売開始時には100人以上が列をつくった。午前7時40分に一番乗りしたという福手(ふぐて)、医療事務小幡理奈(おばたりな)さん(31)は「去年、好評だったと聞いて、今年はぜひにと思って来た。家族で食べたい」と、箱売りの桃を抱えて笑顔を見せていた。