東武宇都宮百貨店(宇都宮市宮園町、守徹(もりとおる)社長)は22~27日、本店(同所)5階イベントプラザで、「とちぎと全国うまいもの市」を初開催する。コロナ禍で奮闘する企業とタッグを組み、県内外の名産品を取りそろえる。

 本県からはスイーツや釜飯、サーロインステーキ弁当などが登場する。全国からは食パンや水ようかんなどを扱う店が並ぶ。県産品応援企画「第3回とちぎモッタイナイ市場」も同時開催する。新型コロナウイルスの影響を受けた県内企業や、県内に製造部門を置く事業者の食料品を販売する。