弁当などを手渡す高校生ら

 市内小中学校の夏休み初日の21日、小山城南高の生徒とNPO法人「笑光(えこう)」が小山市東城南4丁目の小山城南市民交流センター「ゆめまち」で子ども食堂を開き、同校の生徒が考案したお弁当100食などを市内の小中学生に無料で配布した。

 同法人は4年ほど前から子ども食堂を開き、毎月2回、無料で弁当などを配っている。今回は生徒らが地域貢献しようと企画した。