会員制交流サイト(SNS)で知り合った男性に約37億円を譲るとうそをつき書類作成費名目で現金をだまし取ったとして、栃木、兵庫など4県警の合同捜査本部は19日までに、詐欺の疑いで日本人の男ら2人を逮捕したと発表した。2人は現金の引き出し役とみられ、容疑を否認している。

 捜査本部は事件に使われた口座に約7千万円の入金を確認。恋愛感情につけ込む国際ロマンス詐欺も行う多国籍詐欺グループによる事件とみて捜査している。

 逮捕されたのは東京都品川区、パート従業員の男(64)=別の詐欺容疑で逮捕、処分保留で釈放、東京都葛飾区、会社員の男(31)の両容疑者。