下野市役所

 【下野】市の乗り合いデマンド交通「おでかけ号」の新規利用登録者が、AI(人工知能)による配車システムを導入した4月以降、大幅に増えている。約3カ月で昨年度1年間の実績に迫るペースで、特に若い年代の登録が目立つ。市安心安全課は「スマートフォンからいつでも予約可能になったことで、若い年代も使いやすくなったのでは」と分析している。

 おでかけ号は、市在住で利用登録した人が利用できる仕組み。利用料金は中学生以上が1回300円、小学生は200円。AI配車システム導入に合わせ、乗り継ぎなしで市内全域に行けるようになった。