プロレギュラーの部で初優勝を飾った徳永=県民ゴルフ場

プロシニアの部で初優勝した崎山=県民ゴルフ場

プロレギュラーの部で初優勝を飾った徳永=県民ゴルフ場 プロシニアの部で初優勝した崎山=県民ゴルフ場

 第27回栃木県プロゴルフ選手権(賞金総額250万円、優勝賞金レギュラーの部27万円、シニアの部18万円)は17日、高根沢町の県民ゴルフ場(6644ヤード、パー70)で行われ、メインのプロレギュラーの部は徳永弘樹(とくながひろき)(サンヒルズCC)が6バーディーノーボギーの6アンダー64の好スコアで初優勝を飾った。同シニアの部は崎山武志(さきやまたけし)(アビバHD)が3アンダー67で王座に就いた。

 プロ76、アマ87の計163人が出場した。プロレギュラーの部はアンダーパー12人の接戦となった。アウトスタートの徳永は4アンダー31で単独トップに躍り出て、後半インでも2アンダー33とスコアの伸ばした。1打差の2位には大野良徳(おおのよしのり)(大野ジュニアGA)、3位には毛利一成(もうりいっせい)(フリー)が続いた。

 アマチュアレギュラーの部は、日大ゴルフ部1年生の塚原悠斗(つかはらゆうと)(佐野)が4アンダー66で、同シニアの部は舘野章(たてのあきら)(下野)がそれぞれ初の頂点に立った。

■連続バーディーで勢い