野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は17日、神奈川県の上府中公園小田原球場で神奈川と対戦し、1-7で大敗。2連敗で通算成績は19勝4分け17敗となったが順位は2位のまま。

 栃木GBは先発の堀越歩夢(ほりこしあゆむ)が四回に押し出し四球で先制点を献上。五回は安打に2失策も絡んで6点を失った。六回以降は塩満瑛斗(しおみつえいと)、相葉拓夢(あいばたくむ)の継投で無失点に抑えた。

 打線も振るわず、得点は五回の併殺崩れの間に奪った1点のみ。12三振を積み重ね、相手と同じ8安打を放ちながら及ばなかった。

 次戦は22日午後1時から、埼玉県の飯能市民球場で埼玉と対戦する。