栃木県内は17日、高気圧に覆われた影響で気温が上昇し、佐野で35.1度と県内で今年初めて猛暑日を記録するなど、全14観測地点で今年最高を記録した。

 宇都宮地方気象台によると、小山33.7度、真岡33.1度、宇都宮33.0度、大田原32.8度、鹿沼32.6度など。10地点が真夏日となった。全14地点で最も暑い時期を上回る陽気となった。

 県内は18日も高気圧に覆われ、最高気温は宇都宮、大田原がいずれも34度の予報となっている。