2回、栃木の済田が適時二塁打を放つ=栃木市営

5回、小山の上野が中前適時打を放ち、二走の岸(中央)がホームイン=栃木市営

7回、足工・竹内の中前適時打で二走の石井がガッツポーズでホームイン=清原

3回、栃木翔南・秋山の適時二塁打で二走の柏崎が勝ち越しのホームイン=清原

7回、作新の篠田が中越えに走者一掃の三塁打を放つ=清原

6回、敵失の間に小山北桜の二走・柏村がホームインし、次打者の宮口とタッチ=清原

9回、石橋の遠藤が中越え二塁打を放ち、二走の千葉がサヨナラのホームイン

2失点で完投した宇北の高島=清原

3回、鹿沼・中野のスクイズで三走の栗橋が生還=栃木

6回を3安打無失点と好投した真岡工の先発・佐藤丈=栃木市営

2回、栃木の済田が適時二塁打を放つ=栃木市営 5回、小山の上野が中前適時打を放ち、二走の岸(中央)がホームイン=栃木市営 7回、足工・竹内の中前適時打で二走の石井がガッツポーズでホームイン=清原 3回、栃木翔南・秋山の適時二塁打で二走の柏崎が勝ち越しのホームイン=清原 7回、作新の篠田が中越えに走者一掃の三塁打を放つ=清原 6回、敵失の間に小山北桜の二走・柏村がホームインし、次打者の宮口とタッチ=清原 9回、石橋の遠藤が中越え二塁打を放ち、二走の千葉がサヨナラのホームイン 2失点で完投した宇北の高島=清原 3回、鹿沼・中野のスクイズで三走の栗橋が生還=栃木 6回を3安打無失点と好投した真岡工の先発・佐藤丈=栃木市営

 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会は8、9の両日、清原と栃木市営両球場で1回戦10試合を行い、8連覇を狙う作新や小山、矢板、石橋などが2回戦に駒を進めた。

 作新は18安打と圧倒的な打力を見せ付け、10-3で那須清峰に七回コールド勝ち。初回に中軸の連打で1点を先制すると、続く二回は6本の長短打で4点追加。七回は2死満塁から篠田大輔(しのだだいすけ)が走者一掃の三塁打を放って勝利を決定づけた。

 小山は小山西との同地区対決を8-1の七回コールドで制した。同点で迎えた五回、打者一巡の猛攻で4点を奪取。主戦大友直樹(おおともなおき)は1失点完投した。

 投手戦となった矢板-真工は矢板に軍配。矢板の主戦伊藤龍之介(いとうりゅうのすけ)は変化球を駆使して1失点完投した。石橋-鹿商工は1点を争う好勝負。石橋は同点で迎えた九回裏、1死二塁から遠藤薫(えんどうかおる)が中越えサヨナラ適時二塁打を放ち、熱戦に終止符を打った。

 大会第5日は10日、清原、栃木市営の両球場で1回戦5試合を行う。1回戦屈指の好カードである青藍泰斗-宇短大付は午前9時から栃木市営球場で行われる。