東京オリンピックも終盤-。テレビ観戦していて、「将来わが子もスポーツで活躍してくれたら」と思う人もいるのでは。気になる話題をアンケートで掘り下げる今回の「子育てリサーチ」は、子どもがやっているスポーツについて、無料通信アプリLINE(ライン)の「はぐくもっと」登録者に聞いた。

 アンケートは7月中旬に実施し、20~50代の男女40人が回答。子ども(中学生まで)がやっている(もしくはやっていた)スポーツと、今後子どもにやらせてみたいスポーツについて聞いた。

米国在住時、栗原さんの子どもが通っていた学校のスクールバス。毎朝、自宅の近所に迎えに来た

 子どもがやっているスポーツの1位は水泳。回答者の67%が水泳と答え、断トツの人気だった。2位は体操(新体操、トランポリン含む)で、幼稚園で体操教室をやっているなどやりやすい環境が背景にあるようだ。3位はサッカーだった。メジャーリーガー大谷翔平(おおたにしょうへい)選手の活躍で注目を浴びている野球(ソフトボール含む)は5位以内に入らなかった。

 今後やらせてみたいスポーツでも水泳は1位に。「やっている」と「今後やらせてみたい」で水泳を挙げた人は95%にも上り、ほとんどの親が子どもを水泳に1度は関わらせたいと考えているようだ。2位はやっているスポーツで4位だった陸上競技。3位はすでにやっている子どもが多かった体操(新体操、トランポリン含む)だった。

 子どもがスポーツを行うことについて「子どもの自信につながる」「さまざまな年齢や学校の友達ができ、交流が広がっただけでなく、目標を立てて頑張れるようになった」「競争心が出て、努力するようになり、精神面で成長した」などと利点を挙げる人が多くいた。