ロディニアシルクの化粧水「パレリノ」と、緑色の野蚕の繭(右下)

 自動車用など各種ばね製造の富士発條(那須塩原市下厚崎、田村伸之(たむらのぶゆき)社長)は、ロディニアシルク(野蚕(やさん)の繭)の効果を活用した化粧水「パレリノ」を開発した。現在、パレリノの商品化とロディニアシルク関連の新たな製品開発に向け、クラウドファンディング(CF)サイト「マクアケ」で、資金調達を進めている。

 同社は新規事業として野蚕の有用性に着目し、増殖に取り組み、2018年にさなぎを活用した栄養補助食品(サプリメント)を商品化した。ただ野蚕の繭やさなぎは硬く、加工が難しいためサプリメント製造は中断し、化粧水の開発に注力していた。