事前合宿の宿泊先に到着した選手ら=16日午後9時20分、那須塩原市井口

 東京五輪に出場するオーストリアのトライアスロン競技選手団が16日夜、事前合宿を行う那須塩原市に到着した。開幕前日の22日まで市内で練習する。

 市スポーツ振興課によると、来日した選手団は選手3人とコーチ2人の計5人。一行は昼すぎに東京・羽田空港に到着し、新型コロナウイルスのPCR検査で陰性と確認された後、貸し切りバスで移動した。

 バスは午後9時20分ごろ、同市井口の那須マロニエホテルに到着。渡辺美知太郎(わたなべみちたろう)市長と約15人の市職員が、「ようこそ那須塩原市へ」と書かれた横断幕やオーストリア国旗を掲げて出迎えた。

 選手たちは長旅にも疲れた様子を見せず、通訳を介して「那須塩原市に来られてうれしい」と笑顔であいさつ。休む間もなく車で10分ほど離れた三和住宅にしなすのスポーツプラザに移動し、軽くジョギングで汗を流した。