2回戦で敗れ肩を落とす宇工の選手たち=県営

5回、相手守備が乱れる間に本塁を狙った栃木の小林(左)をタッチアウトにする作新の捕手・渡辺=県営

7回を被安打4で完封した小山の福田=とちぎ木の花

6回、コールド勝ちを決める満塁本塁打を放ち喜ぶ石橋の石崎=県営

6回、右前に適時打を放つ那須拓陽の前田=清原

3回、小山西の内野陣がけん制で飛び出した一走を挟みタッチアウト=とちぎ木の花

5回、左前に適時打を放つ那須清峰の小松=清原

2回戦で敗れ肩を落とす宇工の選手たち=県営 5回、相手守備が乱れる間に本塁を狙った栃木の小林(左)をタッチアウトにする作新の捕手・渡辺=県営 7回を被安打4で完封した小山の福田=とちぎ木の花 6回、コールド勝ちを決める満塁本塁打を放ち喜ぶ石橋の石崎=県営 6回、右前に適時打を放つ那須拓陽の前田=清原 3回、小山西の内野陣がけん制で飛び出した一走を挟みタッチアウト=とちぎ木の花 5回、左前に適時打を放つ那須清峰の小松=清原

 第103回全国高校野球選手権栃木大会第8日は16日、県営、清原、栃木市のとちぎ木の花スタジアムで2回戦の残り8試合を行い、ベスト16が出そろった。シード校を破った足利、那須清峰、宇都宮短大付や10大会連続優勝を狙う作新学院などが3回戦に進んだ。

◇栃木県高校野球特集

◆Web写真館はこちら

 足利は六回に3点を勝ち越し、優勝候補・宇都宮工に6-3で競り勝った。那須清峰は継投で宇都宮を4-1で破った。宇都宮短大付は主砲福田航(ふくだわたる)の左越え本塁打などで効果的に得点し、宇都宮南を4-1で下した。

 作新学院は8-2で栃木を下したが、16残塁と課題を残した。小山西は序盤の3点を守り切り3-1で宇都宮白楊を振り切った。那須拓陽は六回に4点を奪い足利大付に7-2で勝利。小山は投打がかみ合い栃木農に7-0の七回コールド勝ち。石橋は烏山を12-0の六回コールドで破った。

 大会第9日は17日、県営、清原両球場で3回戦4試合を行う。