児童が花束寄贈 作新学院小学部「花の日」にちなんで

 作新学院小学部の5年生13人が8日、下野新聞社を訪れ、色鮮やかな花束を贈呈した。

 地域の人たちに日頃の感謝を伝えるのが狙い。キリスト教の行事「花の日」にちなみ、毎年6月第2日曜日の前後に花を贈っている。65回目となる今回は、小学1~5年生約300人が各家庭から持ち寄った。