第103回全国高校野球選手権栃木大会第8日は16日、県営、清原、とちぎ木の花(栃木市営)の3球場で2回戦8試合を行い、作新学院や足利などが3回戦に進んだ。

◇栃木県高校野球特集

◆Web写真館はこちら

 初戦となったシード作新学院は、先制を許すも8-2で栃木を退けた。小山は七回コールド7-0で栃木農に完封勝ちした。 

 那須清峰は宇都宮に4-1、足利は宇都宮工に6-3で勝利し、それぞれシード校を破った。

 大会第9日は17日、県営、清原両球場で3回戦4試合を行う。

<大会第8日の試合結果>

作新8-2栃木

那須清峰4-1宇都宮

小山7-0栃農(七回コールド)

足利6-3宇工

宇短大付4-1宇南

小山西3-1白楊

石橋12-0烏山(六回コールド)

那須拓陽7-2足大付