宇都宮商工会議所が発行する「ホテル・旅館施設利用プレミアム付チケット」のチラシ

 宇都宮商工会議所(藤井昌一(ふじいしょういち)会頭)は8月2日、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている宇都宮市内のホテル・旅館を支援するため、会員事業所限定で「ホテル・旅館施設利用プレミアム付チケット」を発売する。コロナ禍で商議所が宿泊施設に特化して支援するプレミアム付き商品券を発行するのは県内で初めて。

 今回の発行について、同商議所地域振興部は「年末年始が利用期間に入る来年1月末までの半年間と長期間にすることで利用しやすくした。栃木国体などを控え、少しでも街に活力を取り戻してもらうため」と説明する。

 プレミアム付き商品券は、会員事業所が宿泊や飲食、部屋でのテレワーク、会議などでホテル・旅館を利用する際、支払いに使える。

 プレミアム率は50%で、1冊当たり額面1万5千円を1万円で購入できる。1事業所5冊まで。今月19日から事前申し込みを受け付ける。同商議所の窓口で先着1200冊を販売する。宇都宮ホテル旅館協同組合加盟の20施設で利用できる。

 コロナ禍の影響を受けた会員を支援するため、同商議所は昨年、「宇都宮餃子(ぎょーざ)」の配送料や、市内での買い物など消費目的で利用するタクシーの初乗り運賃を無料化にする施策を実施した。