ひょうの被害に遭ったブドウ=栃木市(県提供)

 県農政部は14日、栃木市など6市町でブドウなどの生産者が被害に遭い、被害額は少なくとも約2億600万円になったと発表した。11、12の両日、県南を中心に激しい雨が降り、局地的に強風やひょうに見舞われたため。

 被害額は、農作物が約1億8700万円、施設などが約1800万円だった。農作物は10品目で、最高額はブドウで約1億4600万円だった。ユウガオやモモなども被災した。施設はイチゴのパイプハウスが倒壊するなどした。