県内236チームが勢ぞろいして行われた開会式=2019年7月25日

 県内最大規模の小学生球児の祭典「第52回県学童軟式野球大会」(県野球連盟、下野新聞社主催)の概要が14日までに決まった。大会は昨年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止され2年ぶりの開催。感染リスクを避けるため開会式は行わず、8月14日から延べ8日間、県内5球場で熱戦を繰り広げる。

 第51回大会となるはずだった昨年の大会は中止となったため、代替大会として秋に県メモリアル大会が実施された。今回は地区予選を勝ち抜いた128チームが県の頂点を目指す。決勝は9月5日に小山運動公園野球場で行われる。

 組み合わせ抽選会は18日午後6時40分から、宇都宮市文化会館で開かれるが、選手の出席は優勝旗と準優勝旗の返還のみで、監督がくじを引く。抽選会の模様は下野新聞社の動画サイト「Movemate(ムーブメイト)」でライブ配信する。