第103回全国高校野球選手権栃木大会第6日は14日、県営、清原両球場で1回戦の残り4試合を行い、小山西、宇都宮短大付などが2回戦に進んだ。

◇イニング速報はこちらから

 小山西は最大7点のリードから追い付かれたが、九回に2点を挙げ、9-7で小山北桜を下した。宇都宮短大付は3-2で宇都宮商に競り勝ち、宇都宮白楊、那須拓陽も初戦を突破した。

 大会第7日は15日、県営、清原、とちぎ木の花(栃木市営)の3球場で2回戦8試合を行い、シードの白鴎大足利、青藍泰斗が登場する。

<大会第6日の試合結果>
白楊7-3大田原
那須拓陽8-3佐野
宇短大付3-2宇商
小山西9-7小山北桜