自転車ロードレースのジャパンサイクルロードレース(JCL)第4戦「広島トヨタ広島クリテリウム」は11日、広島市西区商工センター特設コース(1周1・7キロ×30周=51キロ)で行われ、那須ブラーゼンの金子大介(かねこだいすけ)がトップと1秒差の1時間22分26秒で3位に入った。ブラーゼンの選手が表彰台に立つのは、2017年のJプロツアー第8戦以来。宇都宮ブリッツェンは小野寺玲(おのでられい)の18位が最高だった。