野球独立リーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は13日、小山運動公園野球場で神奈川と対戦し、9-11で競り負けた。通算成績は18勝4分け15敗で順位は2位のまま。

 両チーム合わせて27安打の打撃戦。栃木GBは初回に先発内林瑞貴(うちばやしみずき)が5失点したが、その裏に相手投手の乱調にも乗じて3安打で4得点。4点を追う二回には青藍泰斗高出のルーキー石川慧亮(いしかわけいすけ)が第1号となる3点本塁打。四回にも長南有航(ちょうなんゆうこう)の適時二塁打などで2得点したが、最後まで追い付けなかった。

 次戦は15日午後1時から、福島県本宮市のしらさわグリーンパークで福島と対戦する。