新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 県スポーツ協会は13日、宇都宮市西川田4丁目の県総合運動公園内ユウケイ武道館第2道場の利用者1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 感染が判明した利用者は、11日に同館で開かれた小学生の柔道大会で来場した指導者という。12日に発熱の症状が出て、同日、陽性が判明した。宇都宮市保健所が濃厚接触者などを調査している。

 同館は13日までに道場やトイレなどを消毒し、同日は利用を休止した。

 同館では、東京五輪に出場するハンガリーのテコンドー選手団が第1道場を練習拠点としている。同協会によると、選手専用のトイレなども設け、一般利用者と動線は交わらないため、関連はないとしている。