神様にささげるフラダンス 大田原神社に35人が奉納

 【大田原】県北を中心に展開するフラダンス教室「エレガントフラ・ハラウ・オ・フジヌマ」(藤沼弥生(ふじぬまやよい)代表)の生徒ら35人がこのほど、日頃の感謝を込めて技芸上達を祈り、山の手2丁目の大田原神社でフラダンスを初めて奉納した。

 同教室には幼児~80代の約20クラス、計約200人の生徒が所属している。年2回ほど同神社の会館を練習場にしている五つのクラスが、感謝の気持ちを込めて「フラガール~虹を~」を披露した。