13日午前11時35分ごろ、真岡市小林の太陽光発電所で火災があり、太陽光パネル裏側の端子ボックス2カ所を焼いた。けが人はなかった。

 真岡署によると、太陽光パネルから煙と炎が出ているのを見つけた通行人が119番した。同署で出火原因を調べている。