装い新たに、次のステージをまい進する元バックスの龍さん

「2人分楽しんでいる」。現役を続けながら飲食店経営の手腕を磨いているバックスの坂田選手

ジャパニーズ・ウイスキーが人気という「BAR JIN」。元ブリッツェンの大久保さんが1人で切り盛りする

装い新たに、次のステージをまい進する元バックスの龍さん 「2人分楽しんでいる」。現役を続けながら飲食店経営の手腕を磨いているバックスの坂田選手 ジャパニーズ・ウイスキーが人気という「BAR JIN」。元ブリッツェンの大久保さんが1人で切り盛りする

 見る人に夢や感動を与えてくれるスポーツ。県内のプロスポーツ関係者は、街なかでも活躍中だ。元スポーツ担当の記者が久しぶりに顔なじみの3人を訪ねてみた。

■バックス選手→カフェ店長へ 龍さんの場合

 氷上でゴールを守った男が装いをスーツに替え、街なかを行く。「ガタイ」の良さが目を引くのは、アイスホッケーアジアリーグHC栃木日光アイスバックスの元ゴールキーパー、龍翔太郎(りゅうしょうたろう)さん(29)。スポーツイベントなどを手掛ける戸祭2丁目の「T&C」に就職し、カフェ立ち上げ事業に奔走している。

 今秋、那須町にレンタサイクルを行うカフェをオープン予定で、店長兼バリスタを務める。店内デザインからコーヒー豆の選定、プロモーションまで幅広い業務を任され、参考のために宇都宮中心部の店を視察するのも仕事の一つだ。

 慣れない日々に苦労しているかと思いきや、「努力しただけ自分に返ってくるのを実感できる。毎日充実しています」。ゴーリーがカフェの店長兼バリスタへ。次のステージでの“プレー”が楽しみだ。

■現役DF=飲食店オーナー 坂田選手の場合

 街なか視察中に龍さんが立ち寄ったのがバックス時代のチームメートで現役ディフェンダーの坂田駿(さかたしゅん)選手(34)がオーナーを務める釜川沿いのスナック&バー「31CO.(みちこ)」(中央5丁目)。

 2019年10月に開店したこの店は坂田選手の念願だったという。「実家が自営業で祖父も実業家。自分も現役時代から飲食店をやりたかった」。カウンターに立つことはなく、練習や試合に集中しながら経営の手腕を磨いている。アイスホッケーに限らず、さまざまな競技の関係者が訪れる穴場となっているらしい。

 事業を拡大し、秋ごろにもユニオン通りにおにぎり屋をオープンする。「テークアウトもイートインもできる店。地元北海道の水産を生かしたメニューも提供したい。目標は5年で10店舗」と目を輝かせる。

■ロードレーサー→バーマスター 大久保さんの場合

 自転車ロードレース宇都宮ブリッツェンの元選手、大久保陣(おおくぼじん)さん(32)は2月、馬場通り4丁目に「BAR JIN」を開いた。大久保さんは「31CO.」でアルバイトをした経験を持つ。縁はつながっている。

 自転車選手からバーのマスターという異色の転身が気になり、訪ねた。黒がベースのシックな店内。チームカラーの赤とは違った印象が漂う。地域密着型のブリッツェン時代から「違う形で地域に密着し、新しい風を吹かせたい」と構想を練り、何種類もの酒を集めていたとか。

 メニューのたこ焼きは、大阪府出身の大久保さんの自慢。甘口しょうゆを九州から取り寄せるなどこだわり抜き、「宇都宮で一番おいしいはず。想像の上をいくと思う」と胸を張る。

 元チームメートの龍さんと坂田さん、坂田さんから刺激を受けた大久保さん。舞台は異なるが、新たな夢への思いは競技に対するそれくらい、熱かった。