宇都宮地方気象台は11日午後6時6分、県内に発令されていた大雨警報(浸水害)をすべて解除した。

 大雨警報が発令されていたのは、足利市、鹿沼市、小山市、下野市。

 気象台は、県内では11日夜遅くまで土砂災害や竜巻などの激しい突風、落雷に注意するよう呼び掛けている。南部では低い土地の浸水や河川の増水にも注意が必要だという。