横一列に並び矢を放つ選手たち

 【那須烏山】来年の「いちご一会とちぎ国体」でアーチェリー競技が行われる市緑地運動公園で10日、同競技リハーサル大会が開幕した。本県を含む関東甲信越の高校生、成年の選手計約100人が、11日まで練習の成果を競い合う。

 新型コロナウイルス感染防止対策のため、無観客での開催となった。アーチェリーのインターハイ記念大会も兼ねている。