ムーブメイトの「インターハイ特集」のトップ画面

 福井県など北信越を中心とした6県で24日から競技が始まる全国高校総体(インターハイ)「北信越総体2021」に出場する栃木県選手を励まそうと、県高校体育連盟(県高体連)は9日までに下野新聞社の無料動画サイト「Movemate(ムーブメイト)」で出場選手たちの紹介を始めた。

「Movemate」はこちら

 新型コロナウイルスの影響で現地観戦が難しい中、大舞台に挑む栃木県代表を応援してもらおうと企画。練習風景や大会に向けた意気込みなどを約1分間の動画で紹介する。動画はインターハイに出場する選手たちから8月17日まで募り、同31日まで競技別に公開する。

 投稿第1号として、作新学院高自転車競技部が紹介されている。県高体連の渡辺伸夫(わたなべのぶお)理事長は「さまざまな競技にスポットが当たるので、多くの人に見てもらいたい。大会を盛り上げる一助になれば」と話している。

 動画の投稿は無料。スマートフォンの場合は横画面で撮影し、サイト内の専用受け付けフォームから投稿する。(問)下野新聞社デジタルソリューション部028・625・1041(平日のみ)。