小山御殿広場に設置された大形看板

小山御殿広場に設置された大形看板

小山御殿広場に設置された大形看板 小山御殿広場に設置された大形看板

 【小山】間もなく開幕する東京五輪の機運を盛り上げようと、市は9日、市役所北側の小山御殿広場に、市出身で2大会連続メダル獲得を目指す競泳男子の萩野公介(はぎのこうすけ)選手らを応援する大形看板を設置した。

 看板は横8・1メートル、縦1・35メートル。3月の聖火リレーで使用したものを印刷面だけ変えて再利用した。競技中の萩野選手の写真と名前のほか、市出身でクレー射撃の中山由起枝(なかやまゆきえ)選手、市内で事前合宿するハンガリー、スペインを応援する内容となっている。

 この日は午前9時半ごろから国道4号に面した場所で業者が看板を組み立てた。作業を見守った市の担当者は「萩野選手には頑張ってほしい。市民にもこの思いが伝われば」と話した。

 市内で事前合宿する選手団はハンガリーの水球男女が17日から6日間、スペインの水球男子が16日から7日間滞在する。ナイジェリアは予定していたウエートリフティングチームが五輪出場を逃したことから、事前合宿はなくなった。