16日からの一般客の宿泊受け入れ停止を告知する那須マロニエホテル

 【那須塩原】東京五輪の開幕が約2週間後に迫り、市内で事前合宿するオーストリアのトライアスロン選手団の受け入れ準備が大詰めを迎えている。宿泊先のホテルは詳細な対応マニュアルを設定し、市担当者はオンラインを活用した交流を模索。新型コロナウイルス感染防止策を徹底しながら、最高のもてなしを提供しようと関係者は気持ちを高めている。

 選手団9人は16~22日に事前合宿を行う。東京・羽田空港からバスで市に入り、三和住宅にしなすのスポーツプラザを拠点に練習して23日の開幕に備える。

 宿泊先の那須マロニエホテルは1フロアを貸し切りとするため、既に一般客向けに休業を告知した。従業員は既にワクチン接種を済ませており、合宿期間中は毎日、PCR検査を行う。フロアへの立ち入りは特定の2人に限定するとした。