チーム合流初日で精力的に汗を流した栃木SCのFW豊田=さくらスタジアム

 サッカーJ2栃木SCに新加入した元日本代表のFW豊田陽平(とよだようへい)が8日、チームに合流。練習後にオンラインで記者会見を行った。豊田は「栃木が上昇するために来たし、J1昇格に近づけるよう自分の経験を還元したい」と決意を明らかにした。

 J1鳥栖から移籍を決断した理由について「プレーする機会が欲しかった。しっかりトレーニングをすればもう一度輝けると思った」。栃木SCの印象について「クラブとして決して大きくはないが、上を目指す野心を感じるし、人を大事にしていると感じた」と語った。

 オファーを出した山口慶(やまぐちけい)強化部長は、J1名古屋時代に豊田と一緒にプレー。「栃木SCのスタイルを確立するため、田坂(たさか)監督と話をして、僕から提案した。結果を出してくれると思う」と期待を込めた。

 最短で17日甲府戦から出場可能。コンディションは調整途上だが、豊田は「必ずその試合に絡めるように移籍してきたし、その日に向けて誠心誠意、クラブのために準備していく」と急ピッチで仕上げていく。

 一問一答は以下の通り。