いじめ被害の訴えに教員らが適切に対応せず、精神的苦痛を受けたとして、下野市の中学校に通っていた女子生徒が、市に約1286万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が8日、宇都宮地裁栃木支部(片山憲一(かたやまけんいち)裁判長)で開かれ、市側は請求棄却を求める答弁書を提出した。