建設中の校舎を見学する児童ら

建設中の校舎を見学する児童ら

建設中の校舎を見学する児童ら 建設中の校舎を見学する児童ら

 小山市豊田北小の児童はこのほど、豊田中の北隣に立地し、2022年4月に開校する小中一貫校「豊田小」の建設現場を見学した。建物が完成する工程を児童に感じてもらう狙い。

 見学には豊田北小4~6年の児童計約70人が参加。昨年10月に着工し、工事の進捗(しんちょく)率約60%の校舎内を見て回った。児童からは「木の匂いがする」「廊下が長い」などの声が聞かれた。

 5年板橋佑樹(いたばしゆうき)君(10)は「2階建てだから狭いと思っていたら広かった。来年通うのが楽しみ」と期待を膨らませた。

 市教委の担当者は「完成前の校舎を見て愛着を持ってもらうとともに、工事に関わった人の職業にも興味を持ってもらいたい」と話した。