田植え、流しそうめんなどで国際交流 那珂川

 【那珂川】外国人留学生らが町内に宿泊し、農作業や日常生活を体験する「ホームステイウイークエンドin那珂川2017春」がこのほど行われた。

 国際交流企画運営委員会などが主催。外国人は米国やタイ、モンゴル、セネガルなど12カ国の31人で、ボランティアの町民らも含め総勢約100人が文化交流イベントなどに参加した。

 あいにくの雨だったが、参加者は下芳井公民館近くの水田で田植えを体験。同公民館では流しそうめんや茶道体験などを行って交流を深め、留学生らが日本舞踊や歌なども披露した。