手話歌を練習する養成講座の参加者たち=4日午後、宇都宮市清原工業団地

 来年10月に開催される「いちご一会とちぎ国体」や、全国障害者スポーツ大会「いちご一会とちぎ大会」で手話通訳などを担う「情報支援スタッフ」の養成講座が始まった。参加者は手話を通じた来県者のもてなし方などを学んでいる。今後県内各地域でも順次スタートする。

 スタッフは競技会場などで聴覚障害者のコミュニケーション支援を行う。県は手話通訳や手書きなどで情報を伝える筆談、要約筆記を担うスタッフを募集している。