サッカーの第101回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は7日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎなどで3回戦12試合が行われ、J2の栃木SCはJ1の鹿島に0-3で敗れた。

 栃木SCは前半から鹿島に試合を支配される苦しい展開。後半は選手交代から何度かチャンスをつくったが、後半35分に先制点を奪われるとその後は連続で失点した。